びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

【海鮮祭】アントファガスタの海鮮市場で新鮮なウニを堪能してきました

 

アタカマ砂漠で満天の星空を見た後、いよいよチリの首都サンティアゴを目指して南下がはじまりました。

 

まずはアタカマからバスで5時間の位置にあるアントファガスタ(Antofasta)へ。

 

バスはTurbus(下記リンク)を利用して9000ペソでした。

 

 

アントファガスタは海沿いにある港町、なにより標高も700mまで下がるので身体が楽!

 

 

アントファガスタが港町ということは

 

僕が期待するのはただひとつ

 

海鮮市場です

 

当初予定したルートを変更してまでチリに来た理由も

 

"チリって海鮮安いらしいよ"

 

の一言でした。

 

久しぶりに食いしん坊の血が騒いだ瞬間です。

 

思い出すと、アメリカで食べていたウニもチリ産多かったな

 

ということはチリは

 

ウニ祭り

 

の可能性大!

 

これは旅人には許しき自体

 

なんてことを思いながら最初の港町アントファガスタに来ました。

 

ちなみにですが、

 

アジア人の旅人はアタカマからサンティアゴまで一気に南下する人が多いのでアントファガスタの情報はほとんどありませんでした。

 

が、歩くと見つけました

 

f:id:Sh_9513:20180517211150j:image

 

海鮮市場!

 

このためにこの街へ来たんです

 

 

中へ入ると

 

f:id:Sh_9513:20180517211244j:image

 

さかな

 

f:id:Sh_9513:20180517211250j:image

 

さかな

 

でした、そして

 

ついに見つけました

 

f:id:Sh_9513:20180517211403j:image

 

ここにはセビーチェ、ウニ、アワビなど

ぼくの大好きな食べ物が並んでいるじゃないですか!

 

f:id:Sh_9513:20180517211656j:image

 

 

ここは天国なのか??

 

早速ウニやアワビを試食

 

酸っぱかったです。

 

やはり生がいいw

    

と言いつつも、6ドルちょっとでボックスにいっぱいになるまでウニを詰めてくれました。

 

f:id:Sh_9513:20180517211642j:image

 

その後も、シーフードカレースープを頂いたりして、ウユニ、アタカマでの疲れを癒すことができた。

 

最高の一日になりました。

 

アントファガスタの宿は税金込で一泊13ドルでした

 

Wi-Fi、キッチン、ホットシャワー付きで、なによりバスターミナルから歩いて10分程度だったのが有り難いです。(中心街は少し遠め)

 

 

アントファガスタでは是非利用してみてくださいね

 

 

それでは、いよいよチリの首都、サンティアゴに向けて南下します!

 

Turbusのウェブサイト

http://m.turbus.cl/web/guest/home

 

宿のリンク

http://www.booking.com/Share-BqppWF