びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

【全力少年】バス出発3時間前にイグアスの滝へ行って、戻ってくるのがハードすぎた

 

南米の見どころと言えば、ウユニ、マチュピチュ、パタゴニアの他にイグアスの滝が有名でしょう。

 

これです

f:id:Sh_9513:20180603063939j:image

 

イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルをまたいだ世界三大滝の一つです。

 

アルゼンチン側ではより近くで滝を見ることができ、ブラジル側では滝を全体的に見ることができます。

 

本来ならアルゼンチン側へ渡り、ボートに乗って滝に突っ込むツアーを紹介しよう思いましたが、時間の都合上ブラジル側のみとなりました。

 

が、これがあまりにもハードだった!w 

 

f:id:Sh_9513:20180603063016j:image

 

1. 小林から国境超え

 

まず、お世話になった民宿小林を出発し、パラグアイとブラジルの国境へ。この小林の出発時間の遅さが事の発端でした。

 

そう、ダラダラし過ぎたんです。

 

小林からイグアスの滝に日帰りで行くことは可能です。

 

"だったらイグアス行って、その近くのバスターミナルから夜行バス乗れば余裕でしょ!"

 

なんて思ってましたが、やはり甘かった

 

ぼくに与えられた時間はバスが出発するまでの8時間。

 

予想では

 

イグアスの滝までの所要時間が約2時間

国境超えに1時間

イグアスの滝を観るのに必要な時間が約3時間

イグアスの滝からバスターミナルまで1時間

 

少なく見積もって計8時間

ギリギリだけど行ける!

 

 

まずは小林からバスに乗ること約1時間。。

 

パラグアイの国境の街、シウダデルエステで一度バスを下車して、パラグアイの出国スタンプを貰ってから

 

全力疾走!

 

ここは"友情の橋"といってパラグアイから歩いて国境を渡ることがエリアですが、そんなこと御構い無し。

 

f:id:Sh_9513:20180603064055j:image

 

(なんとか一枚だけ撮った写真)

 

そして無事にブラジルに入国しました。

 

f:id:Sh_9513:20180603063220j:image

 

2. 時差を計算していなかった

 

ただでさえギリギリの時間でイグアスの滝に行こうとしているのに、自分は重要な事に気付いていませんでした。

 

時差が発生してる!

 

なんと、ブラジルに入国した途端、時間が1時間進んでしまいました。

 

残る時間も1時間減った。

 

いよいよ、イグアスの滝は諦めるのかなと思いつつ、ブラジル側の街、フォスドイグアスを目指しましたが、

 

 

やってしまったようです

 

イグアスの滝行きのバスを逃したようです。

 

僕が降りたのは終点の長距離バスのターミナル。

 

既に昼の2時半(1時間進んでしまった)

 

滝へは行きたいがかなり厳しくなってしまいました。。 諦めるべきか、行くべきか、ひとまず周りにいた人達に滝への行き方を聞いて回りましたが、やはりバスで行くのは時間的に厳しそう。

 

3.こんな時こそ、あいつの出番!

 

やはり諦めきれない自分は最終手段をとることに。

 

UBERです

 

困ったときのUber。まずフォスドイグアスにUberがいるかわかりませんが、イグアスの滝までで検索をかけると

 

いた!!! 奇跡的に一台だけ!

 

しかも値段もバスより少し高いだけ

バスで1時間かかる滝まで、20分で行ける

 

これは行ける!

と思い結局Uberでイグアスの滝がある公園へ向かいました。

 

4.ついにイグアスの滝に

 

出発まで残すところ2時間半

 

ついにイグアスの滝に着きました。

 

f:id:Sh_9513:20180603065036j:image

 

やはり、圧巻!

悪魔の喉笛と謳われているだけありました。

f:id:Sh_9513:20180603065042j:image

 

悪魔の喉笛の先端まで行くと

びしょ濡れに、

f:id:Sh_9513:20180603065100j:image

これからバスに乗る人ととは思えないw

 

可愛いけど凶暴なアナグマもたくさんいました。

 

f:id:Sh_9513:20180603065152j:image

 

ちゅんちゅん、スズメみたいな泣き方をしてました。

 

そんな和やか時間もつかの間。

 

既に5時を回ろうとしていました。

バス出発まで残り1時間少々。

 

このままならギリギリ間に合うと思っていたら、再び時間が

 

4. バス停で長蛇の列、ターミナルへ戻れない

 

イグアスの滝へは、公園の入り口から更にシャトルバスに乗って20分弱走った場所にあります。

 

帰りもそのバスで入り口まで帰ろうとバス停へ向かうと

 

長蛇の列が!!!

夕方の5時、ちょうど帰宅ラッシュだったんですね。

 

他の観光客も帰る時間、ただ彼らは6時発のバスには乗らない。

 

これはさすがに予想できませんでした。

 

人が多過ぎて一台目のバスに乗れず

 

二台目のバスに乗れず

 

結局三台目のバスに乗車して、入り口まで20分かけて到着。

 

既に5時35分。

 

なんと、バス出発まで残り25分

 

ぼくはまだなんとかなると思っていましたが、小林から一緒に来た子は既に無理かもと諦めかけていました。

 

"小林戻ったらまた美味しいご飯食べれますねww" 

 

なんて冗談を言い合いながらも、焦りを隠せない2人

 

長距離バスターミナル行きのタクシーを捕まえたのが5時40分

 

googleマップで調べるとバスターミナルまでの

所要時間は25分

 

日本なら間違いなく終わってた

 

でも、タクシーの運転手さんが道を熟知した人で裏道→裏道→裏道で

 

滑り込み、6時1分にバスターミナルに

到着!

 

出発から遅れてる!と思うかもしれませんが

僕らはバスの南米タイムに賭けていたんです。

 

南米の長距離バスは基本出発が30分遅れる。

 

滑り込みセーフでした。

 

無事にバスに乗ることができ、サンパウロを目指しております。

 

というわけで

 

朝10時に小林を出発して、国境を超え、イグアスの滝を見物してから夜のバスに乗り込む

 

という

超ハードな1日が終わりましたw

 

みなさん、旅は余裕を持ってしましょうね。

 

あと、Wi-Fiがあるうちに前もって下調べしておきましょうね。行き方とか

 

今回は珍しく下調べが甘かった

 

ただ、イグアスの滝にWi-Fiがあったのは奇跡でした。

 

これで助かった。

 

Uberって素敵。