びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

マチュピチュに行くべきでない5つの理由

f:id:Sh_9513:20180802154312j:image

 


みんな大好きマチュピチュ。みんな興味津々なマチュピチュ

 

f:id:Sh_9513:20180802161948j:image


ペルーに行った!と話すとマチュピチュ行った?と必ず聞かれます。

 

あそこ行くのが夢なんだ!と教えくれたリオで出会ったブラジル人

 

マチュピチュいけるなんて羨ましいよ!と教えくれたアメリカ人の友人

 

今度行くの楽しみにしてるから写真見せないで!と言ってたアメリカの友人


ごめんね、本当にごめん

 

夢を壊してごめんなさい

 


私はマジで

マチュピチュ

おススメ

しません!!!!! 

 

人ってこうやって他人の夢を壊すんですね、最低


でも、フリとかじゃなくて、マジです。


つまらなかったわけじゃないですが、いくつか理由はありまして、、、この先は

 

マチュピチュに行く予定がある方は読まないでください。

 

マチュピチュ行きたいなぁ~と思ってる方は見たほうがいいかもしれません。  

 

  • マチュピチュに行ったことがある方は是非共感していただければと思います(批判も覚悟してます)

マチュピチュまでの遠さハンパないって

 

マチュピチュはペルーの首都リマから更に東へいったクスコという街、から更に奥へ進むというもの凄くアクセスの悪い場所にあります。

 

f:id:Sh_9513:20180802160917j:image


単純計算ですが日本からマチュピチュへ行こうとすると

  • 東京からロサンゼルスまで飛行機で10時間
  • ロサンゼルスからペルーの首都リマまで飛行機で8時間
  • リマからクスコまで飛行機で1時間半orバスで20時間

 

f:id:Sh_9513:20180802154849j:image


乗り換えを含めると、丸一日かけてクスコを目指すことになります。更にクスコからマチュピチュがあるマチュピチュ村まで電車で2時間、または車&歩きで8時間かかります。

 

2.マチュピチュの標高ハンパないって

 


クスコの標高は約3,400mです。富士山の頂上の標高が3,775mなので、富士山よりも少し低い位置に街があります。実際歩いているだけで息が切れますし、階段を数段登っただけで1,500m走を走った後みたいに息が切れます。

 


マチュピチュの標高は少し下がって2,400mですが、それで高地には変わりありません。

 


そこで、怖いのが高山病。

 

高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400メートル以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。 主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気(めまい)である。他に、顔や手足のむくみ、眠気やあくびなどの睡眠障害、運動失調、低圧と消化器官の機能低下からくる放屁などが現れることもある。

出典: https://ja.m.wikipedia.org/wiki/高山病 

 

幸いわたしはバスを利用して、徐々に標高を上げつつ、高山病対策の薬も飲むという万全の対策を取っていたので高山病にはなりませんでしたが、時間に余裕がなく、リマから直接飛行機でクスコまで行った人たちからはクスコに着いたら頭が痛かった、高山病になってマチュピチュどころじゃなかった。という話も聞きました。


簡単に辿り着けないのがマチュピチュです。(あれこれってもしかして旅の醍醐味?)

 

③ 値段の高さハンパないって

 

これまで世界20カ国を旅してきましたが、未だにマチュピチュ以上に"うわ、たっけぇ!!!"と思った観光地はありません。

 


まずマチュピチュの入場料が5,000円弱。スペインのサグラダファミリアが2,500円、イグアスの滝が1,700円でしたから差は一目瞭然です。

 


そして、まじこれ詐欺じゃないか?と何度も確認したのがクスコとマチュピチュ村を結ぶ電車の価格です。

 


安い時期だと往復6,000円くらいで予約できますが、通常は往復1万円~1万5000円ほど。飛行機乗れるやないか


もう一つ、マチュピチュ村からマチュピチュまでのバスもわずか30分の乗車ですが、片道1300円と中々の金額です。

 


もちろん金銭感覚に個人差はありますがマチュピチュに辿り着くにはとにかく金がかかるとマチュピチュに教えてもらいました

 


(ちなみに、車と2時間のトレッキングでマチュピチュ村を目指すツアーだと入場料や宿代込みで9000円でした) ←おススメです

 

エルセーヌ

マチュピチュの階段ハンパないって

 


最近流行った"大迫ハンパないって!"使ってみました

 


私にとっては"マチュピチュ半端ないって!頂上登るまで階段3000段も登らなあかんもん。そんなんできひんやん普通" (失礼しました)

 


と泣きたくなるくらいマチュピチュは階段が多いです。


村からマチュピチュまで歩いて登ろうとすれば3,000段の階段。これをバスで登ってもマチュピチュに到着してからの遺跡内も階段だらけ。40段の段々畑があります

 


"実はぼく大腿筋鍛えたいから階段登るの大好きなんです!" とか、"わたし高地トレーニングして心臓強くしたいんで階段なんて気になりません!"って人はいいですが、基本階段好きなんて人滅多にいないですよね。しかも2,400mの高地です。

 

 

マチュピチュ=階段 がぼくのマチュピチュの印象です。

 

⑤ だからといって必ず絶景が見られるわけでもない

 

マチュピチュは標高2,400mの山の中にあります。つまり雲がかかっていて対面の山が隠れてしまっていることもしばしば

 

f:id:Sh_9513:20180802160052j:image

(雲がかかってしまっているマチュピチュ)

 

 

また、私がマチュピチュへ行った5月上旬は雨も頻繁に降っていたりと好条件下でマチュピチュを見るまでに一時間半ほどかかりました。

 

 

行くか行かないかはあなた次第

 


マチュピチュを勧めないと言いつつも2時間トレッキングしてマチュピチュ村に辿り着いた時の達成感や、頂上からみるマチュピチュは言葉にできないくらい素晴らしく、絶景が広がっていたのも事実です。

 

いい場所には変わりありません。


だから残念ながら行くなとは言えません。

 

あくまで、行くべきでない理由です


むしろ、人生において行ける機会があるなら一度は行った方がいいでしょう。

 

ただ、高山病であったり、天候であったりと事前のリサーチや下準備をしっかりとすれば、ペルーの奥地で最高の絶景が待っています

 

マチュピチュもう一回行きたい?と言われたら答えはNoです。

もう一度インカ帝国の遺跡をみるくらいならわたしはペルー名物インカコーラが飲みたい。そんなことを思った今日です。 

 

f:id:Sh_9513:20180802161912j:image


明日も2本投稿です!

 


読んでいただきありがとうございました。