びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

【アメリカの現役留学生が教える】留学先を決めるときに考えるべきチェックリスト

f:id:Sh_9513:20180808152859j:image

 

ふと思ったのですが、留学先を決めるのってものすごく大変ですよね。

 

絶対ニューヨークに留学する!!!みたいな憧れがない限り、どこがいいかと迷うはずです。

 

留学先に信頼できる知り合いや家族がいれば情報を手に入れることができますが、それはかなり稀なケースで、大半の人がエージェントを頼ったり、自分で可能な限りリサーチをしているかと思います。

 

では実際留学やワーホリなどで海外に出るにあたってどのようなことに重きをおいて国/都市を決めれば良いのでしょうか?

 

 

今回はSNSを活用して、私以外の留学経験のある子たちからも意見も聞いてみましたので、こちらも紹介します。

 

それでは、今回は留学先を決めるにあたって重視すべき点を紹介したいと思います

 

アメリカで留学先を決めるチェックリスト1 

治安

 

まず気になるのはやはり治安ではないでしょうか?犯罪率や、過去留学生が被害に遭ったケースがあるか、また一人で出歩いても安全か、夜出歩いても安全かも重要です。

 

どこに行っても安全とは言えませんが、"一人で歩いても大丈夫"など最低限の安全は確保しておきたいですね。

 

アメリカで留学先を決めるチェックリスト2

留学生の割合

 

留学は日本では絶対会えないような世界中の子と知り合えるチャンスでもあります。

 

語学学校やワーキングホリデーなら別ですが、大学に通う場合、その学校の生徒数のうち留学生が占める割合を調べておくのも一つです。

 

 

私も留学中に世界中からやってきた留学生と知り合うことができました。その結果、彼らの現地の生活や生い立ちが気になり、旅を始めました。彼らには旅をするきっかけをもらいました。

 

学校は学校公式ウェブサイトに留学生の数を掲載しているので、それを参考にしてみるといいでしょう。

 

アメリカで留学先を決めるチェックリスト3

日本人の割合

 

"ここ日本人多すぎて日本みたい!"という展開を避けるためにも日本人の人口と現地で通う学校の日本人留学生の数を調べるのも大切です

 

 

中には学校に日本人の留学生しかいなくて、グループになって遊んでしまったというケースもあるそうです。やはり居心地は良いそうですが、、、

 

 

ただ、完全に遮断しろというわけでなく、日本人との出会いも貴重だと思っています。

 

海外には日本で会うチャンスがないような子と知り合えたり、思わぬところで繋がりができるのも留学の魅力です。

 

あくまで日本人の数を知っておくと"日本人だらけで想像と違う!"となりにくいということです。

 

わたし個人的には日本人と遊んだりするのありじゃん!と思っています。避けすぎてもストレスになりますからね。

 

日本人とか気にしませんって人はもうどこでもやっていけると思います

 

 

アメリカで留学先を決めるチェックリスト4

気候

 

雨が嫌いな人、暖かい場所が好きな人、年中暑いのはイヤな人、色々いますよね。  

 

気候は留学先を決めるにあたってとても重要です。

 

"暖かいところがいいので〇〇にしました!"という意見もあった一方で、"事前のリサーチなく留学先を決めて、現地に着いてから雨がよく降る地域だと知り、リサーチ不足を悔やんだ"なんてケースもあるようですので、気候は重要なファクターになります。

 

気候はモチベーションを左右させますからね、よっぽど雨だったり、寒いところが好きな以外はせっかくなので年中暖かい地域を探してみてはいかがでしょうか?

 

アメリカで留学先を決めるチェックリスト5

家賃

 

1ヶ月2万のアパートに住めるのか、家賃が全体的に高く、10万円のアパートにしか住めないかのかでは大きな差できす。

 

また、アパートでの一人暮らし以外に学生寮や学生アパート、ルームシェアなどのオプションがあるかどうかもリサーチしておくと良いでしょう。

 

ホストファミリーもオプションの一つでしょう。わたしは最初の1年半ホストファミリーにお世話になり、徹底的に英語を鍛えてもらいました。

 

ちなみに、家賃が高い地域でも大人数でルームシェアしたり、リビングに住んだりすると出費を抑えることができます。

 

*アパートのオーナーさんの許可が必要です

 

 

アメリカで留学先を決めるチェックリスト6 

外食代

 

 

留学中はできるだけ学費以外の出費を抑えたいところ、物価と外食代は全体の留学費を左右します。

 

例えば、同じアメリカ西海岸でもカナダ寄りにあるオレゴン州ポートランドのスーパーマーケットと、サンフランシスコにある同じ系列のスーパーマーケットで比較すると1ドル〜1.5ドルくらいが商品の価格に差があったイメージです。

 

また、外食費をリサーチしたおくことも重要です。サンフランシスコやニューヨークなどの大都市と、田舎町では外食費もかなり差がありますからね。ちなみにサンフランシスコやヨーロッパ圏はお昼ごはんで20ドルなんてことも珍しくありません。

 

 

アメリカで留学先を決めるチェックリスト7

公共交通機関

 

公共交通機関が発展しているかどうかも留学先を決める上でチェックすべき点です。バスや地下鉄があるかないかで行動範囲がかなり変わります。 

 

車を購入する予定がある場合は別として、"車がないとどこにも行けない" みたいな状況を避けるためにも電車やバスが走っているかを調べてみましょう。

 

 

準備をしっかりして実りあるアメリカ留学生活を送ろう

 

いかがでしたでしょうか?

 

意外と調べることが多いですが、わしたはこれくらい入念にやったほうがいいと思っています。

 

やはりここにしとけばよかった!こんなはずじゃなかったと!思い描いていた海外生活を送れなくなり、せっかくの海外生活が嫌になってしまいます。

 

もちろん現地へ行くまでわからないこともたくさんありますが、実りのある留学生活を送るために自分に最適な留学先を選びましょう!

 

読んでいただきありがとうございました

 

留学前に合わせて読みたい

 

www.shogoooo.net

 

 

www.shogoooo.net

 

 

www.shogoooo.net