びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

【重大発表】またまた冒険はじめます!!!

 

f:id:Sh_9513:20180819225502j:image

どうも!気づいたら高校野球も準決勝!

どこが優勝するか気になっているしょうごです。

 

突然ですが、、、

 

また大冒険がはじまります!!!

 

ウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキ

 

実は、旅に飽きている私

 

アマゾン川いかだ下りの冒険があまりにも濃すぎたせいか、どうも刺激の足りない旅が続いていたこの世界一周。

 

ウユニ塩湖、サグラダファミリアマチュピチュ、どれも絶景でした、感動しました。

 

でも、もっとワクワクした、そしてぼくだけじゃなくこのブログをご覧になっているあなたも、ハラハラドキドキするような旅にしたい

 

何かないかな、何か面白いことないかなと考えていました。

 

そんなことを考えていたらトルコでぼったくりバーに連れていかれたわけですが、その話は置いておいて。

 

そこで南米にいたときに最初に思いついたのが、南米のチリで2,400キロをヒッチハイクで縦断する

 

失敗しましたね

 

何も成果出ず、ブログすらまともにやっていない時期だったので、お蔵入りした企画。

 

これは、アマゾン川を共にした相棒、Jくんと挑戦しましたが、、、

 

見事に完走できずでした。

 

ぼくらが分析するに、まず180センチの男2人を乗せたい人がいるのか?

 

自分が運転手なら嫌です、みなさんも怖いですよね?

 

けど、乗せてくれた人はゼロではありませんでした。

 

f:id:Sh_9513:20180819223636j:image

 

乗せてくれる人もいたんです。

人の有り難みを感じた南米での挑戦でした。

 

でも、人生で一回はヒッチハイクでゴールしたいな。

 

アマゾンのときのように、あの言葉に表せない感動と達成感をもう一度味わいたい。

 

そんなことを考えていました。

 

突然訪れたチャンス

 

私は今日8月19日の便で、自分の兄弟や友人の待つ、タイのバンコクシンガポールから空路で移動するはずでした。

 

昨日18日の夕方、なんとなく自分のフライト時間を確認すべく、メールを開くと、、、

 

ん?何かがおかしい。

 

違和感を感じる。

 

そして、気づいてしまいました。

 

ぼくのフライト、18日だったんです。

 

どこで何を間違えたかはわかりませんが、どうやら予約の時点で、日にちを間違えていたそう。

 

私としたことが、とんでもないミスです。

 

こうなったらもう新しい航空券取るのバカバカしいし、陸路で行くしかないかー!と知った直後の私。

 

ただ、バスに乗り続けて24時間かかるので、それは面白くない。じゃあどうするべきか

 

f:id:Sh_9513:20180819224525j:image

 

シンガポールからタイのバンコクまでの距離を調べると1,800キロ。

 

うん、まぁ行けない距離じゃないな

 

ということで、決断いたしました。

 

f:id:Sh_9513:20180819225400j:image

 

やっとワクワクする企画ができる、不安もありますが、楽しみもいっぱい。

 

私以外の人からすれば、どれだけワクワクしたいんだっていう感じですよね。

 

どこか刺激の少なかったこの世界一周に新たなスパイスを加えることができます。

 

果たして、兄弟や友人の待つバンコクに無事に到着することはできるのでしょうか???

 

しかも今回は心強い相方Jくんなしの1人での挑戦です。じつは恐怖、不安、緊張も少なからずあります

 

もしかしたら自己満足なのかもしれない

 

もしかしたらこの冒険に心踊っているのは自分だけで実はものすごくシラけているのかもしれない

 

もしかしたら、タイにてヒッチを完走してドヤ顔してる自分がいるかもしれない

 

でも、ぼくは知っています。これ読んでくださるうちの誰かが、また刺激を受けてしまうことを。

 

アマゾン川のストーリーを聞いて、ブログで読んでみて、うわ〜自分をやってみたいと思った方はゼロではないと思います。

 

またそんな人に影響を与えられるような冒険をしたいと思っています。

 

さらにさらに!!!

 

前回の南米ヒッチハイクでは、もう一つ反省がありました

 

それは、ヒッチハイクを道楽でやったら、誰も助けてくれません

 

そうなんです。前回のヒッチハイクでは、ぼくもJくんも"3時間やって捕まらんかったらバス乗りましょう!"みたいな感じで、道楽程度にヒッチハイクをやっていました。

 

案の定捕まらなかった際はバスに乗り"やっぱ道楽でヒッチしたらアカンすね〜"なんて話をしていました。

 

アマゾンでぼくらが多くの人に助けてもらえたのは、ぼくらが本当に辛そうな顔をしていたから。

 

だから、自らを限界に追い込めばもっとヒッチハイクの成功率あがるんじゃねぇか??

 

と思ったので、今回は無一文でスタートします。無謀でしょうか?そう、無謀です。でもやると決めたらやるんです。

 

なので、キャンプファイアーにて初のクラウドファンディングでの資金集めもはじめました

ここで集まった金額分を自分の使用限度額とし使えることにしました

 

なので、もしかしたらまたツナ缶&バナナ生活、いやそれ以上の生活かもしれません。

野宿も覚悟ですが、

 

自分は必ず、タイのバンコクに到着できるんです。

 

アマゾン川もそうやって完走しました。

 

 

そして、ツイッターでも告知しましたが、マレーシア、タイ在住の読者の皆さましょーごにちょっとご飯奢ったり、ジュース買ってあげてもいいよって方、しょーごを泊めてもいいよって方。ご連絡お待ちしております。

 

というわけで、またバカなことをやるんだな。という目で見守っていただき、お昼ご飯や夜ご飯を食べる際に、少しだけでも、"さいえば、あのバカはタイに着いたのかな?"と生存確認をしていただけたら幸いです。

 

シンガポール生活はこれにて終了。

 

明日から旅を再開します。

 

それでは、行って参ります。

 

f:id:Sh_9513:20180819224431j:image