びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

東南アジア縦断2日目、マレーシアのお姉さんの温かさに触れました

f:id:Sh_9513:20180821223003j:image

 

東南アジア縦断の旅、2日目がスタートしました!

 

今日は昨日の目的地であったクアラルンプールを目指します。


が、まさかの寝坊。泊まった宿で知り合った子と夜遅くまで話し込んだせいか、気づいたら朝9時。


今日こそは早起きしてクアラルンプールの更に北にあるペナンを目指そうとしていました。


見事に寝坊、こうなったら焦らずゆっくりクアラルンプールを目指すことにしようと早速予定を変更。

 


ここで、これからシンガポールに向かうバックパッカーを発見したので彼女にメトロカードを売りついに現金を手に入れました

 


これでひとまず無一文ではなくなりました。


さて、ここからが本題。ヒッチハイク経験者のブログや情報を読むと、マラッカから抜け出すのがめちゃめちゃ大変と書いてあります。


これはある程度覚悟しなくてはいけない。

 

まずはいくつかポイントを変えながら18キロ先にあるサービスエリアを目指します。


ここにたどり着けさえすればクアラルンプールへ行く車が走る高速道路に合流するので、ここまでが勝負だと踏んでいました。

 


しかし1時間経っても、2時間たっても車は止まってくれず、、、 昨日とは全く逆の展開です。


しかもこの日は35℃近く、数分間歩いて移動しただけで汗が滴り落ちます。

 


"なんか自分元気ないなー、力出ないな" と思ったら、前日の夜から何も食べていないことに気づきました。

 


ここでこの日の朝手に入れた10のうち3を使い食パン一斤を購入。こういうときに食パンが役立つのはアマゾンでの経験から学びました

 

f:id:Sh_9513:20180821222954j:image


何も味のないただの食パンがここまで美味しかったのは人生ではじめてです。(そもそも味のない食パン食べない)

 


そして、場所を変え、さらに場所を変え、食パンを食べてから2時間が経過しようとしていたところで、一台の車が停まってくれました。


"どこ行くの?"


"クアラルンプールまで行きたいけど、まずはこのレストエリアまで行きたい!"


"うーん、、 まぁ一回乗って!"


ついに捕まりました。しかも、初の女性ドライバー。


ヒッチハイクを経験したことがある方はご存知かと思いますが、ヒッチハイクで捕まるのは大体男性のドライバーさんです。


単純に考えて、女性一人で見知らぬ人を乗せるのなんて怖いですよね。


でもこのお姉さんが間違いなく道で野垂れ死にかけていたぼくを救ってくれました。でも最初に彼女が発した一言は


"なにしてんの!こんなところで!!"


"いや、いまお金なくて、ヒッチハイクでクアラルンプールまで行こうとしてて"


"はぁー!!!危ないよそんなことしてたら"

 


その後、まるで自分の息子かのようにバカなことはやめなさいと説得を試みるお姉さん。


最終的には"お金渡すからバス乗って、お願い!"


と説得されてしまいました。


お姉さんはマラッカの病院の救命救急センターでナースとして活躍されている方。

 

もうひとつこのお姉さんと話してわかったのは、今日はマレーシアの祝日だそうで、元々車の行き来が少ない日なんだとか

 

たまたま仕事がお休みで通りかかったお姉さんに助けてもらいました。

 

その後、自分を気遣ってお昼ご飯をご馳走してくれ、バスのターミナルまで連れて行ってもらい、バスチケットを買ってもらい、さらに現金まで貰ってしまった私

 


無一文でもなんとかなるんだなーと思いつつ


"本当にありがとう、とても助かりました。今日はとりあえずバスに乗るね


"いいのいいの!元気でいてくれればそれでいいの!他に何か必要なものある?"

 

と最後にサブウェイのサンドイッチとコーラを買ってくれました。(コーラ飲めません)

 

f:id:Sh_9513:20180821222000j:image


"本当にありがとう!この旅が終わった後になるかもしれないけど、いつか絶対恩返しさせてね!"

 


"見返り求めてやってるわけじゃないから私にはしなくて大丈夫よ!でも、他に困ってる子がいたら助けてあげてね!"

 


彼女の温かさに触れ、言葉に言い表せないほど感謝の気持ちでいっぱいです。

 

f:id:Sh_9513:20180821221949j:image

 

そんなこんなで彼女の優しさに甘えてバスに乗り、クアラルンプールに到着しました。

 

f:id:Sh_9513:20180821222012j:image


そして、所持金も$5から$69になりました。


少し、余裕のある旅になりそうです。しばらくは野宿もしなくて良さそうだし、ご飯も食べられる。


でも、やると決めた以上はやります。極力ヒッチで、このお金はほんとにピンチになったときに使いたいと思います。


明日からヒッチハイク再開。バンコクまで残り1,470キロ。明日はペナン島を目指します。

 


ほんとに優しい人と巡り会えたマラッカ滞在になりました。

 

読んでいただきありがとうございました。