びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

【ぷるぷる】Twitterで話題のやすぷるさんに会ってきた!!!

f:id:Sh_9513:20180823173521j:image

 

 

はーい、東南アジア縦断の旅3日目、マレーシアはクアラルンプールに滞在することにしました、しょーごです。

 

さてさて、クアラルンプールにはずーーっと前から気になっていた方がいます。

 

その名もやすぷるさん

 

やすぷるさんってどんな人?

 

とこでみなさん、やすぷるさんの存在をご存知でしょうか?

 

誰だよそれ! YouTuber? 芸能人?不動産王?そもそも日本人なの? てかしょーごヒッチハイクしろよ早く! と思ったそこのあなた!

 

いますぐ、Twitterアカウント作ってください!

 

そう、やすぷるさんはTwitterで話題のお兄さん。

 

いま話題のやすぷるさんは今年の春よりマレーシアに拠点を移し、デュアルライフ(二箇所以上に拠点を持つライフスタイル)を送り、

ブロガーズギルドでラジオパーソナリティーを務めるほか、Twitterのフォロワーはなんとわずか2ヶ月で1,000人に到達、このままだと年末にはフォロワー数はスカイハイ!

 

f:id:Sh_9513:20180823173531j:image

(やすぷるさんのTwitterページ)

アカウント @yasutakafulness

 

そんなやすぷるさんと、何度Twitterでやりとりさせていただいていて、というか引用リツイートして、勝手に絡んでたわけですが、ずっと一度お会いしてみたいなと思っていた私。

 

 

しかし、昨日までのブログを読んでいただいていた方はご存知のとおり、東南アジア縦断中の私はいつクアラルンプールに着けるかもわからない状況でした。

 

 

そんな中、クアラルンプールに着いた昨夜、早速やすぷる氏にTwitterで"会いたいです!"とメッセージを送りつけると、、、

 

 

なんとなんと"明日の夜ごはん行こっかー!"と快くOKしてくださり、翌日お会いできることに。

 

まさか、こんなムチャぶりにも応えて頂けるとは、さすがです。

 

 

そして対面の日がやってきました。久しぶりに日本語を話すので"日本語話せるかなぁ〜"とドキドキしつつも、ワクワクしながらその瞬間を迎えました。

 

 

と思ったらやすぷる氏自宅前で警備員に捕まる私、警備員に"コイツヤバイぞ、不審者だぞ"という目で見られつつも、ついにやすぷるさん登場!!!助かりました。

 

やすぷるさん、最初の一言

 

"思ったよりもデケェwww

 

ありがとうございます。デケェいただきました。

 

デカい記念に一枚

 

f:id:Sh_9513:20180823103643j:image

(ご本人から掲載の許可をいただいております)

 

そして、やすぷるさんの住むコンドミニアムに案内される私。

 

f:id:Sh_9513:20180823011136j:image

 

プールがあったり、ジムがあったり、バーベキュースペースがあったりと、アメリカのアパート彷彿とさせるような超豪華な造り。

 

私  "サンフランシスコでこんないいとこ住んだら40万円くらいとられますよww"

 

や "まじで!? ここはそこまで高くなくいけど超いいとこだよねー!

 

日本語を思い出しつつ、会話を繋げようとする私。

 

f:id:Sh_9513:20180823011148j:image

 

このあと、美人な奥様も合流し、近所のモールで晩ご飯をいただきました。

 

やはりノリと勢いが大切

 

おいしい牡蠣とビールをいただきながらもここで気になる質問をいくつかぶつけてみることに。

 

Q そういえば、やすぷるさんってなんでマレーシアに移住することになったんですか?

 

や「うーん、ノリだからねぇ〜。1月に視察に来たら想像してたよりも良くて、それで移住決めちゃった!」

 

Q じゃあ永住したいってわけでもないんですね

 

や 「そうそう、来年どこにいるかもわかんないよ

 

Q. お仕事っていま何かメインでやられてることとかあるんですか?

 

や「色々やってるけど、本当にノリで生きてる人間だから。でも、とりあえず面白そうだと思ったとこには飛び込んでみるんだ

 

やはり、ノリや勢いって大切なんだということを日頃からTwitterで発信されているやすぷるさんです。 

 

 

そんなノリで生きているとはいいつつもマルチにお仕事をこなしているすごい方なようです。

 

 

ちなみにこの日も

 

私 「実は、サンフランシスコにいた頃は1年だけですが、広告やフリーペーパーを作る会社で働いてたんです

 

突然、爆笑するやすぷるさんと奥様

 

、そうなの!?実はちょうどいま広告代理店業務してるんだよ!じゃあさ、もし東南アジアで広告打ちたいって人がいたら一緒にやろうよ!」

 

「ほら、こうやって自分のやろうとしてるとこに突然それに関連にしてる人が現れるでしょ? 運は持ってる方なんだよね。あとはノリ」

 

なるほど!ノリってやはりこういう感じなんだ!と思いつつも、しっかりと協力させていただくことになりました。

 

こんな展開があったほかにも、、

 

私 「実はshowroomライブ配信やってるんです、公式アカウント発行してもらってて

 

や 「公式アカウント持ってるの!?え、ちょっとぼくもやりたいな

 

面白いと思ったらとりあえず挑戦。まさに数時間で"それ"を体現してくれたのが、このやすぷるさんでした。

 

まずは一歩踏み込んでみる、そして危ない面白くないと思ったら引けばいい。

 

一歩踏み込まずして面白いかおもしろくないかを判断するのはナンセンス。

 

 

Twitterのフォロワーの増やしかた

 

私が悩んでるTwitterのフォロワーが増えない問題。色々と意識はしてツイートしているものの、伸び悩んでいる私のアカウント。

 

2ヶ月で1,000人突破というスーパーツイッタラーのやすぷるさんに悩みを打ち明けてみました。

 

Q  そいえば、ぼくTwitterのフォロワー増えないんですが、、、なんか特別やってることとかあるんですか?

 

 「が見たくなる情報をシェアするのが大切かな、見やすい字で、ひらがな多めがいいよ!

 

あと、スペースを利用するのが有効。ほら、ぼくはいつも箇条書きで書いてるでしょ?

あぁいうのが良かったりする」

 

おぉ、箇条書きってやっぱりいいんですね!

 

  「そうそう!見やすさ命だよ!

 

あと、フォロワーの多いインフルエンサーのツイートに便乗して引用リツイートしたりするも大切。

 

そのツイートをさらにインフルエンサーが"いいじゃん!"ってリツイートしてくれたら多くの人がみてくれる、自分の紹介になるよね!」

 

クアラルンプールでやすぷるさんからTwitterマーケティングを学ぶ私

 

Twitterのフォロワー増やしたい方

 

 

やすぷるさん流Twitterのフォロワーの増やし方です。

 

 

 

 

その地に行かないとわからないことがたくさんある

 

さて、そんなやすぷるさんとも少しだけアツいお話も、、、

 

"日本からもっと国外に目を向けて、海外に進出する人が増えればいいと思う"

 

 「日本のメディアで観て、聞いたものだけを鵜呑みにしていては視野が狭すぎるし、偏った物の見方しかできなくなるよね。

 

例えば、イスラム教と聞いて日本の日本人はISISなどのテロリストを思い浮かべるんじゃないかな? イスラム教=ヤバイやつみたいな。

 

でも、イスラム教とISISは関係ない、いい子たちもいっぱいいる。でもそれは、中東に行ったことがある子、イスラム教や中東出身の知り合いがいないと知ることができないんだ」

 

確かに、私自身もサウジアラビア人の友人に日本人ジャーナリストがISISに拘束された際になぜか日本にあるモスク(礼拝所)が嫌がらせを受けたことがあると聞いたことがありました。

 

キューバハバナに行った際はたくさんの韓国人に会いました。

 

理由は北朝鮮キューバが似ていると韓国のメディアで報道されているから、北朝鮮には行けないけどキューバでなら惨状を知ることができるかもしれない。と思い韓国人はキューバにやってくるそうです。

 

"でも想像したよりも、メディアでみたキューバとはまったく違った、キューバは素晴らしい国だ"と彼らは言っていました。

 

報道が偏っているのは日本だけではない、ということを伝えたいのではなく、やはりその国、その地に実際に行ってみないとわからないことはたくさんあります。

 

アメリカの人たちは毎日ハンバーガーやホットドッグを食べていると思っている人たちに似ています。

 

やすぷるさんは他にもこんなことをおっしゃっていました。

 

「みんなが想像するマレーシアって、きっとお金がない発展途上国のイメージ。

 

でも、実際に視察に来てみたら、高層ビルが建っていて、車が走っているのは当たり前。

 

ものすごい発展している。日本の人たちが想像するマレーシアとはまったく違う世界だよね」

 

私 「確かに、自分もマレーシア=ジャングルのイメージがありましたからね。びっくりしました。

 

そこに行くことで知れることってたくさんありますからね。

 

例えば、ドバイに住んでいる人たち全員がお金持ちなわけじゃない。大半は普通の暮らしをしているし、出稼ぎ労働者もたくさんいる。世界で流れているドバイの情報とは少し違うのと一緒ですね」

 

「そうそう、日本の外に一歩飛び出してみるのはとても大切なんだよね。もしかしたらそこには自分が想像していた世界とは違う世界が広がってるかもしれないからね」

 

私 「いまや、2,3万円あれば航空券買って旅できるようになりましたからね」

 

「でも、未だに海外旅行=高いっていうイメージを持ってる人は少なくないよね、だからぼくらが発信して呼びかけるしかないんだ」

 

私 「ぼくらが発信して、多くの人が海外に目を向けてくれればいいですよね」

 

「あと、海外にいる人たちは、毎日違うものをみて、刺激を受けてって生活してるから、どんどん考えや価値観が変わったりするんだよね。

 

そういう人たちが日本に帰国した際に自分の経験をシェアして、また誰かが海外に出るきっかけになれば最高なんじゃないかな」

 

 

私 「もっと日本を飛び出して色んなことを見て聞いて感じる人がいればいいですね」

 

「そうだね、がんばって発信しよう!一人でも多くの人が世界に目を向けてくれたらいいね!」

 

やすぷるさんから学んだことまとめ

 

  • まずはノリで飛び込もう
  • 勢いは大切
  • メディアを信じるな、自分の目で確かめよう
  • Twitterはコツさえつかめばフォロワーは伸びる

 

 

想像していた通りの明るく、おもしろい、ノリノリのお兄さんでした。

 

本当に会いに行ってよかったなと思いましたし、自分ももっと勢いよく色んな物事に挑戦しなきゃと思わせられました。

 

やすぷるさんですが、対談中も終始和やかで、奥様とは仲良し、素敵なご夫婦です。

 

やすぷるさんの奥さまも「二つ返事でオッケー!と言ってマレーシアまでついてきちゃったけど、彼じゃなかったらできなかった」とおっしゃっていました。 素敵なマレーシアライフの陰には奥さまの支えあり、という印象です。

 

 

そんなやすぷるさん、実はPolcaを利用して奥様へのジム用シューズをプレゼントしたいんだとか、気になる方はこちらのリンクから

ジムでのトレーニングに目覚めた 奥さんにカッコイイ スニーカーをプレゼントしたい!👟 - polca(ポルカ)

 

 

やすぷるさん、本当に突然の連絡にも関わらず、お会いできて本当によかったです。ありがとうございました。

 

やすぷるさんが気になる方は是非Twitterフォローしてくださいね!

 

やすぷるさんのTwitterアカウントはこちら

@yasutakafulness

 

年末までに5,000人到達するのでしょうか、、

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

f:id:Sh_9513:20180823173914j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

あ、やばい、話に夢中になりすぎてどうやったら綺麗な奥さんと知り合えるか聞くの忘れてた、、、、、