びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

節約したい人必見、この国マジで物価安いと思った国トップ5

f:id:Sh_9513:20180830142950j:image

 

バックパッキング、世界一周をする上で一番気になるのが、物価ではないでしょうか?

 

確かに物価の高い国は日本と同等かそれ以上の物価の国もたくさんありますが、多くの国は物価はそこまで高くないなというのが南米、ヨーロッパ、アジア計23カ国を旅した私の感想です。

 

その中でも、今回は特にこの物価安いなー!!!と思った国を5カ国集めてみましたので、紹介させていただきます。

 

ぜひ、今後、旅や旅行をする際の参考にさせていただければと思います!

ペルー

 

ペルーは特に食費が破格でした。

 

まずこちらのチャーハン、米二合分くらいの量でなんと8ソル、日本円にして250円程度です。

 

f:id:Sh_9513:20180829181704j:image

 

そして、チュロスや揚げパンなどのスイーツ系は屋台で売っているものがなんと1ソル、30円です。

 

f:id:Sh_9513:20180829181620j:image

1ソルの揚げパン(クスコ)

 

 

 

f:id:Sh_9513:20180829181725j:image

 

エントラーダと呼ばれる、ペルーオリジナルのランチのスタイルでは、ランチにスープとジュースがついて6ソル(200円)なんてこともありました。

 

他にもバナナ一房が1ソルだったり、野菜が安かったりと南米の中でもダントツで物価の安い国がこのペルーでした。

宿は日本人宿"お宿桜子"やホステルを活用し、全て朝食付きで一泊平均1,000円程度に収めることができました。

 

キューバ

 

キューバは少しトリッキーですが、紹介させていただきます。

 

キューバにはCUCとCUPと、通貨が二種類あります。CUCは主に観光客向けで、CUPが人民ペソと呼ばれており、キューバ国民が使用するものです。

 

CUC対応の観光客向けのお店やレストランはアメリカやヨーロッパ諸国と変わらないくらいの値段ですが、CUP対応のローカル向けのレストランでご飯を食べるとピザが1枚40円、豚の角煮と味ご飯がセットになったランチが125円と破格の値段でご飯が食べれます。

 

 

宿は日本人に人気のホステル"ホアキナハウス"が朝食付き、洗濯無料で一泊10CUC(10ドル)なので、一日の平均使用額は1,500円から2,000円でした。

 

ペソをうまく使って、ローカルの人たちが使うレストランで食事を済ませればキューバではかなり安く生活できます。

 

f:id:Sh_9513:20180829181820j:image

60円のホールピザ、40円のとこもありました

 

f:id:Sh_9513:20180829181832j:image

キューバの郷土料理、豚の角煮と混ぜご飯125円

 

f:id:Sh_9513:20180829181854j:image

日本食、カツ丼が200円でいただけました。

 

 

チェコ

 

チェコプラハに5日間ほど滞在しましたが、

他のヨーロッパ諸国と比べるとかなり物価が低く、かつ観光名所が多いのでオススメです。

 

まず、宿ですが、私が滞在した宿は1泊1,000円。

 

平均1,500円、高いところだと2,000円を超えるホステルが多い西ヨーロッパのなかでは格安でした。

 

ヨーロッパにいる間はほとんどが自炊だったので、チェコの食費は定かではありませんが、一番驚いたのはビールの価格です。

 

バーで330mlのビールを一杯のんでもなんと150円程度!!! ドイツも一杯2,300円とかなり安くビールを飲むことができましたが、チェコのビールの安さには衝撃を受けました。

 

ビール好きのあなた、チェコはヨーロッパ旅にマストの国です!

 

トルコ

 

トルコも物価が安いと有名です。

 

特に現在はトルコリラが大暴落した影響もあり、トルコに行くのがお得です。

 

トルコの宿は一泊800円程度で、食費も一食300円もあればおいしいケバブがいただけました。

 

 

マレーシア

 

クアラルンプール在住時は最近話題の目標をつぶやく新しいSNS"twicome"をリリースした会いに行ける社長ことむらっしゅさんにお世話になったり、カウチサーフィンを利用していたのですが、それを除いても、マレーシアの物価の安さには衝撃を受けました。

 

まず、圧倒的な宿代の安さ!!!

 

南米では1泊1000円、ヨーロッパでは1泊1500円で泊まれれば"安い"という感覚でしたが、ここマレーシアにはなんと一泊3ドルの宿がありましたw

 

私がマレーシア南部の街、マラッカで泊まった宿がまさにそれでした。施設はそこまですごくありませんでしたが、クーラーが完備されていたのがとても有り難かったです。

 

食費も激安、一食200円もあれば美味しいチャーハンや麺類がいたたげました。

 

節約したいバックパッカーが東南アジアに集まるのも納得できます。

 

現在タイを調査中

 

いかがでしたでしょうか?

 

リストアップしたのは五カ国だけでしたが、ついにバックパッカーの聖地と呼ばれるタイに到着しました。

 

タイは物価の安い国としても有名なので、果たしてそれは本当なのか、調査中です。

 

また近々、タイの情報も更新したいと思いますので、お楽しみに。

 

節約したいバックパッカーのみなさん!

今回紹介した5カ国はただ物価安いだけではありません!

 

もちろん、ちゃんとアクティビティもあるんです! 

 

ぜひ、バックパッキングされる際にはこの5カ国、訪れてみてください!