びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

【ビジネスクラス並】南米のおススメ長距離バス6選

f:id:Sh_9513:20180831180117j:image'

 

 

南米のバスって飛行機のビジネスクラス並みの快適さってご存知でしたか??

 

南米の旅で避けては通らないのがバス移動。飛行機が割高の南米で、バス移動は不可避です。

 

しかも、超がつくほどの長距離移動。

 

私が乗った中で最長だったのが、なんと20時間!! 長いバスだと50時間なんてのもあるみたいですw

 

でも実は、南米のバスって、めちゃめちゃ快適なんですよね。サービスのいいバスだと、USBとWi-Fi付きで飛行機のビジネスクラスみたいな180°フラットになるシートもあります。

 

しかも食事やジュースつくのは当たり前。ビールが飲めるバスもありました。

 

そんな南米のバスですが、バス会社はたくさん。今回はその中でもとくに私が"このバスすげぇ!"と思ったオススメのバス会社を紹介します!

 

Peru Bus (ペルー)

 

名前の通り、ペルー内の国内線と、ボリビアのラパスを結ぶ国際線があります。

 

ペルーの首都リマから砂漠のあるイカまで4時間だけ移動する際に利用しました。

 

安いから!という理由だけで選んだバスでしたが、USB、Wi-Fi付きで、席も4列シートでしたが、4時間の移動には問題ありませんでした。

 

尚、移動中にはSpriteなどのジュース類やお菓子が配られました。

 

また、国境を通過する路線では、乗務員の方が付き添って、全員が審査を終えるのを守ってくださるそうです。

 

違うバスに乗って、ボリビア不法入国者になった方の記事がこちら

【悲報】ボリビアに不法入国したらしい - びーすともーど

 

Movil (ペルー)

 

ペルー国内のバス会社です。

 

movilはアマゾンからリマに帰ってくる際と、マチュピチュに行くためのクスコまでの移動の際に二度利用しました。

 

ほかのバス会社と比べると乗務員さんの対応がよく、あまり美味しくないはずの車内食が美味しかったのが好印象です。

 

車内のドリンクサービスも豊富で、コーヒー紅茶はもちろん、ペルーではおなじみのインカコーラも提供していました。

 

ペルー移動の際にはオススメのバスですが、全体的に運転手の運転が荒かったのが少し残念でしたが、オススメです

 

f:id:Sh_9513:20180831174140p:image

 

Movil Tours

 

Cruz del sur(ペルー)

 

f:id:Sh_9513:20180831165514j:image

http://www.cruzdelsur.com.pe

 

 

南米を旅している人でこのバス会社を知らない人はいないでしょう。

 

ペルーをメインにペルーとチリやボリビアを結ぶ長距離バス。

 

他のバス会社よりもやや高めの値段ですが、180°フラットに倒れるシートがあったりと、まさに飛行機のビジネスクラス並みに快適な移動ができるのがこの会社。

 

 

f:id:Sh_9513:20180831165517j:image

160°倒れるシート

Cruz del Sur - Portal Web

 

Turbus(チリ)

 

Turbusはチリ国内を走っている長距離バスです。

 

アタカマ砂漠からアントファガスタ (5時間)

アントファガスタ からサンティアゴ(18時間)

サンティアゴ-バルパライソ往復 (計4時間)

 

と何度も利用したバスでもあります。

 

Turbusも160°倒れるシートがあり、前後の席の間が広々としていたのが印象的です。

 

価格も他のバスと比べてもそこまで差はありません。

 

何より魅力的だったのは圧倒的な本数の多さでした。

 

アタカマ砂漠からアントファガスタ まで1日4本

 

アントファガスタからサンティアゴまでも1日4本

 

サンティアゴからヴァルパライソに関しては30分に1本のペースでバスが動いていましたので、何時にでてもバスに乗れるのがturbusの便利なところでした。

 

とても快適に移動できたのでオススメさせていただきます

 

f:id:Sh_9513:20180831170435j:image

[Pasajes en Bus | Turbus]

 

 

Expreso Paraguay (パラグアイ)

 

パラグアイとアルゼンチンを結ぶ長距離バスです。

 

南米のバス史上初、車内食にお酒が登場したのがこのバスでした。

 

席のクオリティはごく普通のバスでしたが、ビールやワインがいただけたのには衝撃を受けました。

 

このバスはアルゼンチンのブエノスアイレスからパラグアイの日本人宿"民宿小林"に行く際に利用しました。

 

f:id:Sh_9513:20180831171325j:image

 

民宿小林までの行き方をまとめたブログはこちら

【難関!?】実はすごい単純で簡単だったパラグアイの民宿小林までの行き方をまとめてみた - びーすともーど

 

Catarinense (ブラジル)

 

ブラジル国内を走る長距離バスですが、私が利用した長距離バス史上いちばん綺麗だったのが、このバスでした。

 

お水が車内にある冷蔵庫から取り放題で、USBケーブルはもちろん、Wi-Fiも完備されていました。

 

そして、一番嬉しかったのはトイレの清潔さでした。

 

南米のバスは、席が広くて、サービスが良くても、トイレだけ汚い。というケースもよくありますが、この会社はトイレがしっかり掃除されていて、清潔感が漂っていました。

 

感動です。

 

車内食は提供なしで、サービスエリアに寄ってもらうパターンでしたが、お菓子やジュースの提供はありました。

 

ブラジルのイグアスの滝からサンパウロまで利用しましたが、オススメの会社の1つです!

 

f:id:Sh_9513:20180831171255j:image

Auto Viação Catarinense Site Oficial – Compre sem taxa de conveniência!

 

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

南米のバス会社を紹介させていただきましたが、この6社は快適に移動できたこともあり、かなりおススメです!

 

中にはあまりサービスのよくないバスもあったりして、ハズレを引く人もいるようですが、アマゾン川を共にした相方が"しょーごのバスと宿のチョイスは間違いない"と言ってくれたほどなので、信用してもいいでしょう!!!

 

南米を旅する際に、参考にしていただけたらと思います!

 

読んでいただきありがとうございました!