びーすともーど

Living My Best Life Every Moment

アメリカ留学中に不法労働して強制送還されるリスクの話

f:id:Sh_9513:20190401212357j:image

 

アメリカ留学中にバイトして、強制送還!?

 


アメリカや海外にいる人は、強制送還という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

 


強制送還とは、強制的に自国に送り還される。つまり、非合法的にその国に滞在したり、法に触れたりすると強制送還の措置が適用されます。


アメリカの日本人留学生で最も強制送還される人数が多いのが不法労働。

 
アメリカの学生ビザはキャンパス外でのアルバイトが禁じられていますが、高額な学費や家賃を自分で賄うために日本食屋のお店で働く人がたくさんいます。

 


不法労働はバレなければいいと思って働いているとバレますね。

 


自分のまわりにも何人か強制送還になった知り合いがいるのでそのケースを以前Twitterでも紹介させていただきました。

 


たしかにアメリカの居酒屋や飲食店は給料もいいし、チップももらえらので給料が高く、チップだけで30万円くらい稼いでいる子もいたので、生活費の足しにしたいのはわかります。

 


ただ、不法労働には不法なだけのリスクが伴います。

 


バレなければいいと思って働くとある日突然バレます。

ライバル店、密告者、移民局、入国審査と自分のボロがでてしまいそうな場所はたくさんありますからね。

 


大金を積んでカレッジで得た単位を剥奪されてもいい覚悟があるなら不法でもなんでも外で堂々とバイトすればいいわけですが、

 


アメリカにいたいがために働くのは、学生の本来すべき学問や授業でのパフォーマンスを落としかねませんからね。

 


「これ、今の自分だ」と自覚のある留学生にとってはキツく聞こえてしまいますが、自分はおススメしません。

 

アメリカ留学中にお金を稼ぐ方法はキャンパスジョブ


留学中のバイトは禁止といえど、アメリカで唯一働ける方法がこのキャンパスジョブです。

 


キャンパスジョブは原則

・週20時間以内

・学校のキャンパス内で働ける

 
という厳しい条件つきですが、0よりはいいですね。

キャンパスジョブは合法的にアメリカで働くことになるので、SSNを所得することが可能になります。

 


バイトなんてしたくない、という人もSSNの所得のためだけにキャンパスジョブに就くのも手です。

SSNはふつうの留学生は所得できないので、この方法が一番簡単です。

 


ただ、キャンパスジョブは学内で授業の合間に働けたりとわりとオイシイポジションなので、留学生だけでなくアメリカ人にも人気です。

 


枠が埋まっていて、空きがない場合がほとんどですので、常に空きがないかを確認する必要がありますが、日本語チューターなどはできる人に限りがあるので枠が空いていることも。

 


とはいえ、週20時間最低賃金で働いたら$700~800程度は稼寝ますから、やってみる価値はアリです。

 


キャンパスジョブに就くメリット

 


大学のキャンパス内で、仕事を勝ち取るのは至難の技でして、常に枠が埋まっているのでセメスターごとに枠に空きがでないかを確認する必要があります。

 


そこまで競争の激しい場所でアルバイトせずとも、物販やプログラミングでもやってリモートワークで稼げばいいと思う方も多いと思いますし、やり方次第ではキャンパスジョブの数倍稼げますね。

 
自分もそうでした。

 
ただ、キャンパスジョブを手にすることで、唯一のメリットといえたのがSSNを所得できたことでした。

 


SSNは、ソーシャルセキュリティーナンバーのことで、日本でいうマイナンバーのようなものですが、このSSNを持っているだけでアメリカでの生活がものすごく楽になります。

 

例えば、アパートを借りる契約の際、このSSNがないと先に半年分くらい家賃を払うケースも多く、数千ドルに登る家賃を一度で払う資金力があれば問題ありませんが、留学生にとっては痛手ではないでしょうか。

 


SSNがある=アメリカ国内での信用があることを意味します。

 


他にも、現地でスマホを購入する際も、SSNがあれば分割払いが可能になりますが、SSNがないと基本的に分割払いは認められていません。

 


学生ビザやI20を提示すると、分割払いできるお店もあるそうですが、Apple StoreだとSSNの提示を求められました。

 


SSNを持っておくと、アメリカでの暮らしがとても楽になります。バイトをする必要がない場合でもSSN所得のために、キャンパスジョブに就くことをオススメします。

 

 


アメリカ留学中にスキルを身につける

 

非合法的に働いてでもお金がほしいけど、この記事を読んで震えてしまった留学生は、今すぐスキルを身につけましょう。

 


身につけるべきスキルとは、どの世界にいてもパソコンやスマホがあれば収入を得ることができるようなものです。(怪しく感じた?)

 


例をあげるなら

YouTube

・ブログ

・プログラミング

・ライター業

・翻訳

・物販

 など

 


このあたりなら、すぐはじめられるのでリモートワーク生活がはじめられます。

 


案件はランサーズなどのクラウドソーシングを利用したり、SNSを活用して自らをブランディングしていく方法、知り合いを通じて口コミで案件の受注する方法など、多岐に渡ります。

 


語学学校やカレッジに行っている間は比較的時間もあって、勉強に打ち込める環境があるわけですが、英語だけでなく、ほかのスキルを身につけることもおススメします。

 


ちなみに、卒業したり帰国しても英語だけあってもよほど話すのが上手でない限り、英語はただのツールでしかないので、英語xスキルではじめて英語が活きてくることも知っておくべきポイントです。

 


スキルを身につけること、今日からはじめてみましょう。

 

 

 

アメリカで働く方法を紹介

 


お金が目的でなく、どうしてもアメリカで働きたいという留学生はOPTの所得を目指しましょう。

 


OPTはアメリカの学校を修了すると得られる「1年だけ就労できる資格」のことで、準学士、学士、修士、博士と各課程を修了するごとに一年権利を得られるので最大4年間アメリカで働くことができます。

 


OPTを得るとSSNの所得はもちろん、正規雇用になるケースもあるので、合法的に給料をもらいながらアメリカでフルタイムで仕事することができます。

 

 


また、この一年の間に就労ビザ(H1B)のサポートをしてくれるスポンサーを見つけることができれば、その後もアメリカに残って働くことができますが、H1Bビザはサポートしてもらっても、さらにそのあと抽選があるので狭き門になります。

 


ちなみに、STEM専攻と呼ばれる、理系科目を専攻にするとOPTの期間が半年延長できるので、最大で一年半働くことができます。

 


OPTにはいくつか規則があります。

 


・所得から90日以内に仕事に就かなければ資格が失効する

・仕事は何度変更してもいいが、退職から90日以内に次の仕事に就くこと

・仕事はあくまで自分の専攻に関連する内容

・OPT期間終了後60日以内に米国から退去すること

 


などと決められていますので、詳しくは移民局のサイトを参考に自己責任でお願いします。

 


ちなみに、専攻に関わる仕事でないということは、一般教養(general study)の課程だとOPTは所得できません。 ただ、一般教養でもOPTの資格を得られる裏技がありまして、それは自分が多く所得した単位の専攻にOPT用にI20のデータを書き換えることができます。

 


例えば一般教養で、満遍なくクラスをとっている人でも経済や経営のクラスが多めなら、OPTの所得用にI20の専攻の部分を経済や経営専攻に書き換えることができます。

 


これはカレッジの留学生の窓口にいけばすぐサポートしてくれるはずですが、そこまで知識のない留学生アドバイザーだとここまでサポートしてくれない場合もあります。 (自分もアドバイザーにやってもらいました)

 

 

 

留学生の本業は金を稼ぐことではない

 


少しOPTやスキルの話で内容が逸れましたが、結論はアメリカの学生ビザで米国に滞在している間のキャンパス外でのバイトはおススメしません。

 


卒業後OPTや就労ビザをとってアメリカで働くことを夢見ていても、バイト中に移民局に摘発された時点でその人の留学生活は終わります。

 

 

 

どうしても働きたい欲が抑えられなかったり、少しでもお金を稼ぎたいならキャンパスジョブのがメリットが大きいです。合法的に家賃分くらいの収入を得られますし、生活において欠かせないSSNを手に入れることもできます。

 

 

 

ただ、何度もいいますが、留学生の本業はお金を稼いでアメリカに残ることでなく、学業です。

 


とてつもない額の学費を積んでアメリカで学ぶ機会があるわけですから、数年くらい学業に打ち込んでみてもいいのではないでしょうか。

 

私が学ぶ大切さ、学ぶ楽しさを知れたのもアメリカで学生生活を送っている間でした。それも人生ではじめて学業を最優先にする機会ができたからでしょう。

 


全てを捨てて、カレッジライフに没頭するのも悪くないですよ。

 


OPTは卒業したご褒美くらいに思った方がいいですね。

 

 

それでもリスクと隣り合わせでバイトを続ける人もOK。

バイトを探していて一歩踏みとどまればそれもOK。

「自分には関係ない」と引き続きカレッジライフを謳歌するのもOK。

 


どんなケースにしろ、留学生ひとりひとりが後悔のない有意義なアメリカ生活を送れることを願っています。

 


読んでいただきありがとうございました。

 

 

www.shogoooo.net